お倉ヶ浜でサーフボードをレンタルしてサーフィン

当ページのリンクには広告を利用しているものも含まれます

大分に行くついでにサーフィンができないかと思い、地図をながめていると日向市なら2時間程度の距離。

宮崎市まで行くには3時間以上かかるため、日向なら行けそうと思い、波情報をチェックしているとタイミングも良さそう。ということで、ボードはレンタルにして旅先サーフィンを楽しんできました。

この記事では、初めて訪れたビジターサーファーによるお倉ヶ浜の情報をまとめています。

目次

お倉ヶ浜サーフスポット

お倉ヶ浜は宮崎県日向市にある海岸で3キロにおよぶ長いビーチ。WSLのQSなどの大会も開かれるメジャーなポイントです。

Googleマップでは「小倉ヶ浜サーフポイント」と地点が登録されているため分かりやすいスポットです。「小倉ヶ浜海水浴場」も地図には出てきますがサーフポイントよりは少し北側。実際に車を停めるのは「お倉ヶ浜ビーチハウス マリンウエーブ」になるのでナビの登録はマリンウェーブがオススメ。

駐車場には他府県ナンバーの車も多く、ビジターでも入りやすいポイントなんだと分かります。

波質

ビーチブレイクですがテトラポットや堤防が少ないので自然なビーチブレイクという印象。上げの時間に入ったのもありますが、遠浅のようでダンパーの波も少なくきれいに割れる感じでした。

テトラポット側は比較的波が穏やかで、中央はサイズのある波。

ロングボードも入れますがエリアが決まっています。

お倉ヶ浜案内板画像

施設紹介

お倉ヶ浜でサーフィンをするならサーフポイントがメインになると思います。(海水浴場側は見に行ってないのですが、駐車場あるのかな?)マリンウェーブの施設を紹介します。

お倉ヶ浜ビーチハウス マリンウエーブ建物全景

駐車場

約300台駐車可能な広い駐車場。行ったのが平日だったのもありかなり余裕をもって駐車できます。1ラウンド終わって休憩するのも良さそうな広い駐車場です。

お倉ヶ浜駐車場画像

シャワー

シャワーは屋内と屋外にあり、屋内は5分200円、屋外は5分100円でした。水道は無料。

コインロッカー

建物内にコインロッカーがあり、1回200円。

お倉ヶ浜ロッカー画像

キーケースを持っていくのを忘れていたため、車の鍵などはロッカーへ。借りてる車なので盗難にあったらなどと思うと、200円は払ってでも安全にしておきたいところ。ただ、ロッカーの鍵が古く、腕に巻いてもユルユルなのは残念。海の中で落とさないか心配でした。

トイレ

マリンウェーブの建物内にトイレがあり、床は濡れてたり湿気がこもってたりしますが、海の施設のトイレとしては問題ないかなというレベル。個室は必要がなかったので入ってませんが、臭いも少なくきれいなトイレ。

レンタル可能なサーフショップ

今回はサーフィン目的の旅行ではなかったので、ウエットだけ持参しボードはレンタル。

ネットで検索してレンタル可能なお店が3店舗。

サンライズサーフショップ

朝8時から営業しているお倉ヶ浜のサーフショップ。旅前にメールで連絡し九州についてから電話で確認。希望に合いそうな板を何本か用意してくださり、波の状態に合わせて良さそうな板をお借りしました。

サンライズサーフショップ|初めてのサーフィンは宮崎県日向市のお倉ヶ浜で (sunrise-surfshop.com)

パタゴニアのサーフボードは初めて。短くて軽いけど浮力も十分ありパドルも楽。ちょっと欲しくなってしまうような板でした。

PWS

8時から営業しているものの火曜日に行く予定だったので断念。

毎朝波情報を投稿されてるのでホームページを是非チェック。

https://pwssurf.jp

ディアサーフ

LINEで問い合わせができすぐに回答があったのですが、開店が10時ということで断念。

ディアサーフ (dearsurf.com)


どのお店も海に近いですが、お店に車を止めさせてもらって歩く、という形ではなく、車に積み込んでマリンウェーブに停める形のよう。レンタカーを借りる際には板を積めるサイズの車が良さそうです。

波情報

お倉ヶ浜の波情報は無料のサイトでも確認できます。

ii-nami.com

宮崎・福岡・鹿児島のサーフィン・波情報ライブカメラサイト「ii-nami.com」

広告は表示されるものの無料で閲覧可能な波情報が掲載されているサイト。九州エリアの波情報が確認できます。

PWS

pws | サーフボード、リペア、レンタル、宮崎県日向市の お倉ヶ浜 波情報! (pwssurf.jp)

お倉ヶ浜のサーフショップのウェブサイト。毎朝波情報が更新されています。

お倉ヶ浜

前日がハード、落ち着いてきた良い波、という日だったので、平日にしては人は多めだったかもしれません。日向なら人が少ないのではという淡い期待を持っていましたが、良いピークはどこでも混雑するもの。

それでも海岸が広いので好みのピークを選ぶこともできます。

施設も充実していてショップも多く、ビジターでも安心して入れるサーフスポット。今回は大分からの半日トリップでしたが、またゆっくり泊まりで行きたい場所です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サーフィン歴8年、湘南移住5年目。海外旅行先でサーフィンを楽しむため日本でも波修行。毎朝犬散歩で波チェックし波情報はYouTube、Instagram、Twitterで発信。本職はウェブ制作・ウェブマーケティング。使ってみたサーフィン関連の商品、サービスを紹介しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次